直線上に配置

更新日:  



あなたは

番目の訪問者です
(ogino作成共通カウント)



Mr.ogino旅HP

上田の旅

信州の旅

日本の旅

世界の旅



根子岳ヘリスキーHP

菅平高原homepage

真田一族のhomepage



世界の旅
イタリアの旅    ポンペイ

発掘された遺跡に2千年前の息づかいが感じられます。
 ポンペイはローマと同じくらい古い起源を持ったところでした。紀元前8世紀頃、イタリア先住民のオスク族により興されポンペイと名付けられたようです。
 ポンペイはイタリア半島を南から北に向かう中継点という地の利を得て繁栄しました。また近隣諸国の争奪の的にもなりました。ギリシャの都市国家クーマの支配後、紀元前525年から474年までエトルスキが支配しました。
 紀元前5世紀の終わり頃サムニウム族に征服されます。アペニン山脈のふもとのイゼルニアからティレニア海に侵攻してきたのです。
 紀元前310年にローマ人にサムニウム族は敗れます。第2次ポエニ戦争でローマ側につき交易の範囲を拡げて繁栄しました。紀元前89年イタリア同盟諸侯と反乱を起こしローマの将軍シッラにより屈服させ植民地になったようです。
 紀元62年、ポンペイに大地震が襲い一瞬にして瓦礫に山となってしまいました。生き残った市民は不屈の闘志と生命力で半壊した町を復興させたのでした。
 ところが紀元79年8月24日、死火山と考えられていたベスビオ火山が大噴火したのです。2〜3mの高さまで火山礫と火山灰により破壊されて埋没し、一瞬にして歴史上から姿を消してしまいました。
ポンペイの赤を使ったフレスコ画
 当時のポンペイの人口は推定2万人、そのうち死者は2千人以上だったようです。噴火は3日3晩続き、周辺の町も埋没しました。他の町は復興していきましたが魔力にとりつかれたと信じられたポンペイは2000年の眠りについたのです。
豊穣の神プリアブスを描いたフレスコ画
 この遺跡は1748年に偶然発見され、現在もなお発掘作業が続けられています。この町全体が紀元前のポンペイの栄華の跡や暮らしぶりを教えてくれるのです。マリーナ門わきには出土品を展示した博物館があります。
 ポンペイの道路は平らな石を敷き詰めて舗装されています。車道と歩道も分かれていて、向こう側に渡るときには、横断歩道のような飛び石を渡っていけるようになっています。
 しかも飛び石の幅は馬車の車軸の幅に合わせてあり馬車も通れたのです。雨の日も足元が濡れにくいように歩道は少し高い位置になっています。また光る石を配して、夜中でも明るくする工夫もしています。
 ヴィーナスの神殿、裁判所にあたるバシリア、48本の円柱が並ぶアポロ神殿、中心地フォロ、ジュピター神殿、大円形劇場や大運動場、町を取り囲む城壁と城門などが残されています。
 パン焼き工場や、いかめしい門構えの外科医の家の建物、列柱廊下に囲まれた中庭のある金持ちの家、二階建ての石造りの家、浴場など埋没当時そのままを伝えています。
 ヴェッティの家の壁や寝室にはポルノまがいの描写があります。当時としてはこれが魔よけになっていたという説もあります。
 ブルボン家の援助で行なわれた発掘は重要で興味深いものに限られ町を荒らしていました。1860年ジュゼッペ・フィオレッリの発掘作業は組織的で慎重を期したものになっていきました。
 ベスビオ火山噴火の犠牲者の石膏像です。1920年代になると、発掘だけでなく、遺跡の補修と復元がなされました。生物体腐食後の空間に石膏を流し込んで型をとるといったシステムを使いました。
 ベッティの家にある小さなアトリウム。守護神を描いた祭壇があり、足元に奉納物で渇きをいやす大蛇が描かれています。
 円形競技場です。ローマのコロッセオのようにショーが行なわれていました。観客席は、身分や性別によって座る席を分けられていました。競技場には、砂が敷きつめられていました。それが「アリーナ」の語源だそうです。


トップ アイコン世界のページへもどる


直線上に配置
SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO