あなたは 番目の訪問者です。(ogino作成共通カウント)
直線上に配置

愛知の旅           犬山市

旧札幌電話交換局舎
きゅうさっぽろでんわこうかんきょくしゃ
愛知県犬山市大字内山1 明治村
旧所在地 北海道札幌市大通


 旧札幌電話交換局舎は明治31年(1898)に建立され、翌年から電話の交換業務を開始しました。明治9年(1876)、アメリカ人のベルが有線電話の実用化に成功し、翌年、日本にも紹介され、明治23年(1890)に東京と横浜で電話交換業務が始まっていました。
 石造り2階建て、桟瓦葺きで、建築面積は131.7平方mです。当時の交換機は非常に高価だったので火災や地震から守るために石材を用いて建てられました。西洋風の石積みの外壁に日本の瓦という和洋折衷の建物です。
 明治43年(1910)に逓信技師の吉川茂則の設計で大増築され、札幌中央郵便局として使用されました。新中央郵便局の落成により民間に払い下げられ、昭和37年(1962)に明治村に寄贈されました。昭和43年(1968)に国の重要文化財に指定されています。


愛知県トップページへ 旅と歴史トップページへ


直線上に配置

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO