あなたは 番目の訪問者です。(ogino作成共通カウント)
直線上に配置

愛知の旅           犬山市

旧品川燈台
きゅうしながわとうだい
愛知県犬山市大字内山1 明治村
旧所在地 東京湾品川沖第二台場


 旧品川燈台は、明治3年(1870)に東京湾品川沖の第二台場に建設された燈台です。昭和32年(1957)まで使用され、昭和39年(1964)、明治村に復元されました。草創期の燈台らしくこじんまりした小さな燈台です。
 燈台は煉瓦造りでしたが、鉄筋コンクリート造りに替え、旧部材の再用と記録により忠実に復元しています。円形燈台で、現存する最古の洋式灯台です。昭和43年(1968)に国の重要文化財に指定されています。
 江戸幕府、明治政府は燈台建設のための技術援助をフランス、イギリスに依頼し、東京湾沿岸の観音崎、野島崎、城ヶ島、品川の4つの洋式燈台ができました。品川燈台はヴェルニーを首長とするフランス人技術者の手によって完成しました。


愛知県トップページへ 旅と歴史トップページへ


直線上に配置

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO