あなたは 番目の訪問者です。(ogino作成共通カウント)
直線上に配置

愛知の旅           犬山市

旧東松家住宅
きゅうとうまつけじゅうたく
愛知県犬山市大字内山1 明治村
旧所在地 名古屋市中村区船入町


 旧東松家住宅は油商の家で3階建です。江戸時代は3階建の建物を造ることは許されず、慶応3年(1867)一部地域、禁令が解かれました。しかし、大正8年(1919)に市街地建築物法により木造高層住宅が禁止されたため、3階建以上の木造住宅は50年ほどの間しか造られませんでした。
 この建物は塗屋造りという江戸時代以来の伝統工法で建てられています。江戸末期、平屋であった住宅を、明治28年(1895)後方へ曳家(ひきや)の上、2階の前半部を増築して現在の店構えを完成させ、明治34年(1901)、3階以上を増築したようです。
 間口が狭く奥行の深い典型的な町屋で、1階は通り土間があり、2階には露地にみたてた廊下、待合、原叟床風の床框や墨蹟窓などを備えた茶室が設けられています。昭和49年(1974)に国の重要文化財に指定されています。


愛知県トップページへ 旅と歴史トップページへ


直線上に配置

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO