あなたは 番目の訪問者です。(ogino作成共通カウント)
直線上に配置

愛知の旅           犬山市

明治村学習院長官舎
めいじむらがくしゅういんちょうかんしゃ
愛知県犬山市大字内山1 明治村
旧所在地 東京都豊島区目白


 明治村学習院長官舎は明治42年(1909)学習院が四谷から現在の目白に移され、他の校舎とともにその構内に建設された建物です。当時の学習院長は第十代目で、陸軍大将乃木希典でした。
 学習院は江戸末期に京都で開校しました。東京遷都の後、明治10年(1877)、神田錦町で開学、明治17年(1884)宮内省所管の官立学校となりました。
 長官舎は建築面積180平方m、木造2階建、瓦葺きの和洋折衷住宅です。学習院長という公的な立場での接客や実務には洋館部分を使い、私的な生活には日本座敷を用いたそうです。平成15年(2003)に国の登録文化財に指定されています。


愛知県トップページへ 旅と歴史トップページへ


直線上に配置

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO