あなたは 番目の訪問者です。(ogino作成共通カウント)
直線上に配置

愛知の旅           犬山市

明治村金沢監獄正門
めいじむらかなざわかんごくせいもん
愛知県犬山市大字内山1 明治村
旧所在地 石川県金沢市小立野


 明治村金沢監獄正門は昔の金沢監獄の正門です。明治の5大監獄(千葉、金沢、 奈良、長崎、鹿児島)の1つで、明治40年(1907)に建てられました。
 鉄筋コンクリート造りで、高さ5.4mの煉瓦壁に主門と脇門を開き、左右に2階建の看視塔が付いています。主門のアーチにはくさび形の石と煉瓦を交互に組み上げています。
 看視塔は煉瓦壁に、1、2階窓、高窓を開け、軒庇の四方中央に小さな半円形ペディメントを付け、銅板葺き寄棟屋根に棟飾りをつけています。平成16年(2004)に国の登録文化財に指定されています。


愛知県トップページへ 旅と歴史トップページへ


直線上に配置

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO