あなたは 番目の訪問者です。(ogino作成共通カウント)
直線上に配置

愛知の旅           犬山市

明治村工部省品川硝子製造所
めいじむらこうぶしょうしながわがらすせいぞうしょ
愛知県犬山市大字内山1 明治村
旧所在地 東京都品川区北品川


 明治村工部省品川硝子製造所は明治10年(1877)頃建てられた品川硝子製造所の一部の建物です。明治政府が推進した殖産興業政策の主官庁であった工部省が設立した製造所でした。平成16年(2004)に国の登録文化財に指定されています。
 明治6年(1873)、イギリス人技術者を雇い入れ、品川興業社硝子製造所が開設され、板硝子生産を目標とする事業が始まりました。3年後、工部省がこれを買収し、国策としてのガラス製造・研究を開始した所で、明治初期の官営工場の遺構です。
 建築面積123平方mで、煉瓦造り平屋建、瓦葺きの建物です。開口部は煉瓦積の半円アーチと、石のマグサを渡した方形開口です。室内の片側に板張りの2階床があります。屋根は急勾配の切妻で、洋風真束小屋組、天井は無く、換気用越し屋根が載っています。


愛知県トップページへ 旅と歴史トップページへ


直線上に配置

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO