あなたは 番目の訪問者です。(ogino作成共通カウント)
直線上に配置

愛知の旅           犬山市

明治村森鴎外・夏目漱石住宅
めいじむらもりおうがい・なつめそうせきじゅうたく
愛知県犬山市大字内山1 明治村
旧所在地 東京都文京区千駄木町


 明治村森鴎外・夏目漱石住宅は明治20年(1887)頃、東京千駄木の医学博士・中村襄吉の新居として建てられました。明治23年(1890)森鴎外が借家、一年余りを過ごし、明治36年(1903)から3年間夏目漱石が借りて住みました。
 建坪39坪(129.5u)、寄棟造り、桟瓦葺き、押縁下見板張の建物です。明治時代の伝統的な「田の字型平面」間取りを基本にした一般的な邸宅です。平成15年(2003)に国の登録文化財に指定されています。
 森鴎外はここで「文づかひ」などの小説を書き、夏目漱石は「わが輩は猫である」を書いて、この家の様子を文中で描写しています。漱石の小説にちなみ、書斎の陽だまりには、座布団の上で日光浴をする猫の彫刻が置かれています。


愛知県トップページへ 旅と歴史トップページへ


直線上に配置

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO