あなたは 番目の訪問者です。(ogino作成共通カウント)
直線上に配置

愛知の旅           犬山市

明治村内閣文庫
めいじむらないかくぶんこ
愛知県犬山市大字内山1 明治村
旧所在地 東京都千代田区千代田


 明治村内閣文庫は明治44年(1911)、皇居大手門内に建てられた内閣文庫庁舎のうちの本館・事務棟です。内閣文庫は、明治6年(1873)、赤坂離宮内に太政官文庫という名で開設された明治政府の中央図書館でした。設計したのは後に国会議事堂を指揮した大蔵省臨時建築部の大熊喜邦です。
 建築面積292平方mで鉄筋コンクリート造り2階建、スレート葺きで中央にドーム屋根の頂塔が載っています。正面4本の円柱には溝彫り、柱礎、柱頭飾が彫りこまれています。その様式はローマ・ドーリス式ですが、全体的にはルネッサンス調が基本デザインになっています。ペディメント(切妻壁)の中央にはモルタルで塗出されたメダリオンと唐草が大きく浮き出ています。
 内閣文庫は旧徳川幕府ゆかりの書、明治政府が集めた古文書・洋書などを所蔵し、昭和46年(1971)、国立公文書館が設立されるまで、内外の古文書研究家に広く利用されました。平成16年(2004)に国の登録文化財に指定されています。


愛知県トップページへ 旅と歴史トップページへ


直線上に配置

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO