あなたは 番目の訪問者です。(ogino作成共通カウント)
直線上に配置

愛知の旅           犬山市

明治村鉄道寮新橋工場
めいじむらてつどうりょうしんばしこうじょう
愛知県犬山市大字内山1 明治村
旧所在地 東京都港区新橋


 鉄道寮新橋工場は明治5年(1872)頃に造られた新橋ステンショ(停車場)の中の機関車修復所です。そこには、停車場本屋、乗降場、荷物庫、荷物積所、石炭庫、機関車庫、御雇外国人官舎などもありました。
 日本に鉄道が開業されたのは明治5年(1872)で、新橋と横浜の間でした。開業に先立って、新橋停車場構内に建てられたのです。イギリスで製造された柱、梁、外壁、サッシュなどを使い、プレファブ建築で建てられました。その後、新橋駅構内に多数増設された国産建物の手本となりました。
 建築面積948平方mで、鉄造平屋建、銅板葺きです。並列2棟の切妻屋根は鉄造キングポストトラス小屋組で支持しています。平成16年(2004)に国の登録文化財に指定されています。


愛知県トップページへ 旅と歴史トップページへ


直線上に配置

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO