あなたは 番目の訪問者です。(ogino作成共通カウント)
直線上に配置

愛知の旅      名古屋市中区

名古屋城
なごやじょう
愛知県名古屋市中区本丸1−1
Tel 052-231-1700


 名古屋の地は古くは那古野と呼ばれ、室町時代には足利幕府管領、斯波氏の領地でした。応仁の乱で斯波氏の勢力が衰えると、駿河守護の今川一族がこの地に侵入し、今川氏親が今の名古屋城二之丸あたりに大永年間(1521-1528)の間に「柳ノ丸」を築きました。そして弟の今川氏豊を城主としたようです。これが名古屋城の前身といわれています。
 「柳ノ丸」は亨禄5年(1532)3月に織田信秀に奪われ、信秀はその子、信長を城主とし那古野城と称しました。天文2年(1553)、信長は居城を清州城に移しました。那古屋城は叔父の織田信光が入りましたが、その後廃城となりました。
 慶長5年(1600)関ヶ原の合戦の功績で、家康4男松平忠吉が清須城62万石の城主となりました。慶長12年3月に忠吉が死去し、続いて4月には次男結城秀康も死去しました。忠吉の後は9男義直が城主となりましたが、家康は徳川家が清須城では手狭で水攻めに弱いとの判断から名古屋城の構築を決意しました。
 慶長14年(1609)江戸幕府の東海道の要所として、また大阪への備えとして清州から名古屋へ遷府を決定しました。慶長15年(1610)、前田・加藤・福島・細川・黒田等の豊臣系大名に助役を命じた天下普請で築かれました。その動員数は20万人にも達したということです。
 五重の天守閣の名古屋城天守閣は慶長17年(1610)にほぼ完成したようです。慶長19年、義直は清洲城から名古屋城に入城しました。名古屋城は、徳川義直以後、御三家(尾張・紀伊・水戸)筆頭尾張徳川家61万石の居城として、16代義宣まで代々続きました。そして明治維新を迎えます。
 明治維新後も、天守閣は本丸御殿とともに破却されることなく保存されていました。しかし、太平洋戦争の最中の昭和20年(1945)、名古屋空襲の際、焼夷弾に被弾して「大・小天守閣」、「本丸御殿」をはじめ建物のほとんどを焼失してしまいました。
 幸いにも焼失を免れた三つの櫓(西北・西南・東南)、三つの門(表二之門・旧二之丸東二之門・二之丸大手二之門)と、本丸御殿障壁画の大部分は、重要文化財として現在に伝えられています。昭和34年(1959)、金のシャチをいただく五層の大天守閣(48m)と小天守閣(24m)が再建されました。
 金の鯱(しゃちほこ)は火除けのまじないとして作られましたが、城主の権威の象徴となりました。「尾張名古屋は城でもつ」とか「天下の名城」とまでいわれ、名古屋のシンボルになっている名古屋城は近世大名の完成度の高い居城の典型として高い評価を受けています。


愛知県トップページへ 旅と歴史トップページへ


直線上に配置

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO