あなたは 番目の訪問者です。(ogino作成共通カウント)
直線上に配置

愛知の旅           名古屋市東区

名古屋市市政資料館
 なごやししせいしりょうかん
(旧名古屋控訴院地方裁判所区裁判所庁舎)
愛知県名古屋市東区白壁1−3


 名古屋市市政資料館の建物は大正11年(1922)、「名古屋控訴院地方裁判所区裁判所庁舎」として建てられた建物です。レンガ造りの建物は国の重要文化財に指定されています。外観や内部の重厚な美しさから「坂の上の雲」、「華麗なる一族」など映画やテレビのロケ地としても使われています。
 昭和54年(1979)に名古屋高等地方裁判所が移転するまで使われ、解体される予定でした。しかし、大正時代に建てられた裁判所建築の貴重な建物であることから保存を求める声にこたえ、地域の象徴として保存修理が行われ、現在は名古屋市市政資料館として一般公開されています。


名古屋市市政資料館(国重文)
 名古屋市市政資料館は煉瓦造りと鉄筋コンクリート造りの3階建てです。玄関ポーチや、正面中央には塔屋が配され、屋根はスレート葺きで、建築面積2341.8平方mです。設計は山下啓次郎、金刺森太郎、司法省営繕課が手がけ、大正11年(1922)に完成しています。
名古屋市市政資料館
 赤い煉瓦壁と白い花崗岩の色調の対比が美しく、ネオ・バロック様式を基調とする官庁建築です。搭屋のドーム、棟飾、レリーフ、玄関のアーチ、玄関扉上部のファンライトなどに洋風建築の意匠を取り入れ、建物内部1階には留置場も備え付けられています。昭和59年(1984)に「旧名古屋控訴院地方裁判所区裁判所庁舎」として国の重要文化財に指定されています。
名古屋市市政資料館


愛知県トップページへ 旅と歴史トップページへ


直線上に配置

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO