あなたは 番目の訪問者です。(ogino作成共通カウント)
直線上に配置

愛知の旅       豊田市

高月院
こうげついん
愛知県豊田市松平町寒ヶ入44
Tel 0565-58-1623


 高月院はもともと寂静寺と呼ばれ、寛立上人が在原信重(親氏の妻の父親)の援護を受け、正平22年(1367)に建立したと伝えられています。初代松平親氏は松平館と松平城を拠点として17ヶ村を支配した人物で、徳川家康は親氏から数えて9代目にあたります。高月院には親氏、泰親、親忠夫人が眠る墓所があります。
 天授3年(1377)、親氏が本尊阿弥陀仏をはじめ堂・塔のすべてを寄進して高月院と改め、松平氏の菩提寺となっています。家康からは寺領100石が寄進され、家光は山門や本堂などを建立しています。昭和41年(1966)、松平氏館跡、松平城址、大給城址と合わせ「松平氏遺跡」として国指定文化財となりました。


愛知県トップページへ 旅と歴史トップページへ


直線上に配置

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO