あなたは 番目の訪問者です。(ogino作成共通カウント)
直線上に配置

愛知の旅       津島市

天王川公園
てんのうがわこうえん
愛知県津島市宮川町
Tel 0567-24-1111 津島市役所産業振興課


 緑の並木道に囲まれた「天王川公園」は、江戸時代に天王川をせき止めて造られた大きな池のある広大なスケールの公園です。大永6年(1526)に書かれた「宗長日記」には、「天王橋は三町、橋は瀬田の長橋より長く、河は琵琶湖のように広い」と紹介されていたところです。
 天王川公園には、天王川8景といわれる四季それぞれを代表する景観があります。春の桜、初夏のスイレン、疎水に映る藤、そして日本の三大川祭りの一つ絢爛豪華な「尾張津島天王祭」がここで催されます。
 「尾張津島天王祭」は津島神社の祭礼として500年の伝統を誇り、全国の数ある夏まつりの中でも最も華麗なものといわれています。かつて、旧暦で行われていましたが、現在は7月の第4土曜日とその翌日に開催されています。宵祭りと翌朝の朝祭りがあります。
 朝祭は、市江車を先頭に6艘の車楽船が能の出し物をかたどった置物を飾り、楽を奏でながら漕ぎ進みます。先頭の市江車から10人の鉾持が布鉾を持って水中に飛び込みます。昭和55年(1980)に「尾張津島天王祭の車楽船行事」が国の重要無形民俗文化財に、昭和59年(1984)に「尾張津島天王祭の車楽」が県の有形民俗文化財にそれぞれ指定されています。


愛知県トップページへ 旅と歴史トップページへ


直線上に配置

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO