あなたは 番目の訪問者です。(ogino作成共通カウント)
直線上に配置
岐阜の旅と歴史
岐阜の旅           高山市

安国寺
あんこくじ
岐阜県高山市国府町西門前474
Tel 0577-72-2173


 太平山安国寺は臨済宗妙心寺派のお寺で、経蔵は唐様素木造りの建物で、飛騨唯一の国宝です。正平2年(1347)、足利尊氏・直義兄弟が瑞厳和尚を開山として、南北朝動乱での戦死者の慰霊のため、国ごとに一寺一塔を建立させたのが始まりと伝えられています。
 安国寺は文安2年(1445)には諸山となり、宝徳元年(1449)には十刹に数えられなど繁栄しました。永禄年間(1558-1570)には兵火により多くの堂宇が焼失し、寛永元年(1624)金森重頼が再建しています。
 国宝の経蔵は墨書によると、応永15年(1408)に願主超一によって建立されました。この墨書は大正11年(1922)の解体修理のときに発見されたものです。入母屋造り、こけら葺きで、外観は3間4方のようですが内部の1間4方の身舎(もや)の外側に1間の束を廻し裳階を付けています。
 唐様建築の経蔵の中には、中央に八角の輪蔵(回転式の経蔵)があります。八方に出ている木鼻を押すと、中心の軸で回転するようになっています。年代の明らかな輪蔵として日本最古のものです。経蔵は明治42年(1909)に国宝に指定されました。
 内部に納められている経本は中国の元の時代に、杭州の大晋寧寺で出版された一切経です。春日版大般若経とあわせ2208巻が岐阜県の文化財に指定されています。
 瑞巌和尚は観応元年(1350)に没し、その弟子本瑞が師の徳を慕い、明徳3年(1392)師の火葬された灰をねんどを混ぜて和尚の坐像を造立しました。この塑造瑞巌和尚坐像と木造須弥壇、像内納入経は国の重要文化財に指定されています。


岐阜県トップページへ 旅と歴史トップページへ


直線上に配置

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO