あなたは 番目の訪問者です。(ogino作成共通カウント)
直線上に配置
信州長野の旅と歴史
信州の旅        北佐久郡軽井沢町

旧三笠ホテル
きゅうみかさほてる
長野県北佐久郡軽井沢町大字軽井沢1339ー342
Tel 0267-42-7072


 旧道から三笠通りを白糸の滝の方面へ行くと「軽井沢の鹿鳴館」と言われた木造純西洋式ホテル旧三笠ホテルがあります。ホテルは明治39年(1906年)5月に開始されました。客室は30、定員は40名だったそうです。
 三笠ホテルという名称は、敷地前方の愛宕山が奈良県の三笠山に似ていることから、有島生馬、里見ク、山本直光によって付けられたといわれています。昭和55年(1980)3月に日本長期信用銀行から軽井沢町に贈与されました。
 当時の最先端、最高級の設備が整った旧三笠ホテルは、日本人の手による純西洋式木造ホテルという点が高く評価され国の重要文化財に指定されています。館内を見学することもできます。 まるで明治時代の社交場にタイムスリップしたようです。


信州長野トップページへ 旅と歴史トップページへ


直線上に配置

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO