あなたは 番目の訪問者です。(ogino作成共通カウント)
直線上に配置
信州長野の旅と歴史
信州の旅        駒ヶ根市

光前寺
こうぜんじ
長野県駒ヶ根市赤穂29
Tel 0265-83-2736


 信濃5大寺の1つに数えられる駒ヶ根の宝積山光前寺は、信濃における天台宗の大寺でした。戸隠山、善光寺、更級八幡神宮寺、佐久津金寺、光前寺が信濃5大寺でした。寺領が大きかったばかりでなく学問寺として、天台密教の修業地として重要なところでした。
 光前寺の歴史は古く、開山は貞観2年(860)にさかのぼります。不動明王を本尊として、本聖上人により開基されました。また霊犬早太郎の伝説が伝えられています。
 本聖上人は慈覚大師(円仁)の弟子でした。古くは武田家、羽柴家の武将の保護を受け、特に徳川幕府からは、地方寺院としては破格の朱印60石と、10万石の大名格を与えられ、学問寺として隆盛をきわめました。
 樹齢数百年の杉の巨木に囲まれた境内で、今でも10余棟の堂塔を備えた長野県屈指の大寺です。南信州随一の祈願霊場として広い信仰を集めています。
 本堂の近くに、南信州では唯一の三重の塔が建立されています。その南側に小原氏一族の墓がひっそりと残っています。その中に万延元年(1860)に建てられた「小原元祖一千年供養塔」の碑があります。自分たちの先祖は比叡山のふもとの京都の大原の里から来て、光前寺建立のためにこの地に移り村を開いたそうです。

霊犬早太郎伝説
 680年前、光前寺に早太郎という大変強い山犬が飼われていました。その頃遠州府中(静岡県磐田市)見付天神社で、毎年祭の夜に一人の子女を神前に人身御供として供える悲しい習わしが続けられていました。
 この悪習を救おうと僧の一実坊弁存は、神仏に祈願し祭の様子をさぐり、怪物が信州の早太郎を恐れていることを知りました。弁存は光前寺で早太郎を探し出し借りて戻りました。子女の身代りとなった早太郎の力によって怪物(老ヒヒ)は退治され、村の災難はなくなったということです。
 一実坊弁存はこの報恩の為に大般若経を書写し、天神社から光前寺に奉納されたそうです。以来早太郎こそまさに不動明王の化身であり、災難除、厄除の霊犬なりと広く信仰を集めたのでした。


信州長野トップページへ 旅と歴史トップページへ


直線上に配置

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO