あなたは 番目の訪問者です。(ogino作成共通カウント)
直線上に配置
信州長野の旅と歴史
信州の旅          松本市

番所大滝
ばんどころおおたき
長野県松本市安曇大野川番所
Tel 0263-93-2147 乗鞍観光センター


 番所大滝は乗鞍高原の番所地区にある落差40m、幅15mのたきです。小大野川が乗鞍岳の溶岩を刻んでつくった滝で、「善五郎の滝」、「三本滝」とともに「乗鞍三滝」と呼ばれています。
 乗鞍岳は、いくつかの火山からなる複合火山です。最高峰の「剣ヶ峰」付近から噴出した溶岩流は、かつてこの一帯にあった深い谷を埋め、広大な溶岩台地をつくりました。これが現在の乗鞍高原です。
 番所溶岩と呼ばれるこの溶岩流は、番所大滝付近では一枚の溶岩となり、厚さ60mに達しています。黒い岩肌が特徴で、滝の途中の岩に水が砕けて霧のように滝壷へ落ちる様子は荒々しく迫力があります。
 ここには2つの遊歩道があります。右手に進めば滝を間近に見れる展望台へ行かれます。左手に進めば滝を見ながら、遊歩道が楽しめます。


信州長野トップページへ 旅と歴史トップページへ


直線上に配置

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO