あなたは 番目の訪問者です。(ogino作成共通カウント)
直線上に配置
信州長野の旅と歴史
信州の旅        長野市

旧ダニエル・ノルマン邸
きゅうだにえる・のるまんてい
長野県長野市上ヶ屋麓原2471−1123
Tel 026-233-5111 北野建設(株)本社総務部総務課


 旧ダニエル・ノルマン邸はカナダ生まれのカナダ・メソジスト派の宣教師ダニエル・ノルマンが暮らした、明治中期の洋風牧師館です。昭和46年(1971)に北野建設が譲り受け、飯綱高原の長野カントリー入口付近の現在地へ移築されました。
  ノルマン牧師は明治35年(1902)から昭和9年(1934)まで長野市に住んでいました。ノルマン邸は明治37年(1904)11月に県町に石堂町の内田繁蔵棟梁により建てられました。昭和46年(1971)長野県の県宝に指定されています。
 木造2階建てで、広さは1階140平方m、2階110平方mです。外部は横板張りで、1階は玄関・ホール・厨房(調理室)・食堂および2室、2階は4室からなり、装飾はほとんどなく、素朴で堅実な建物です。隣には旧長野県師範学校教師館が建てられています。


信州長野トップページへ 旅と歴史トップページへ


直線上に配置

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO