あなたは 番目の訪問者です。(ogino作成共通カウント)
直線上に配置
信州長野の旅と歴史
信州の旅        長野市

川中島古戦場
かわなかじまこせんじょう
長野県長野市小島田町1414
Tel 026-284-6541 川中島古戦場案内所


 川中島古戦場である八幡原は、永禄4年(1561)に越後の上杉謙信、甲斐の武田信玄が戦った場所です。 上杉勢が妻女山に陣をとり武田勢はここ八幡原に陣を構えました。両軍合わせて3万3千の戦いは壮絶でした。上杉謙信はここ八幡原の武田信玄の本陣に切り込みました。
 不意を突かれた武田信玄は軍配で上杉謙信の太刀を受けとめたといわれています。今まさに斬り付けようとする上杉謙信、不意を突かれあわてて軍配で太刀を受けようとする武田信玄の像が建っています。信玄は軍配で謙信の太刀を受けましたが、続く二の太刀で腕を、三の太刀で肩に傷を負ったといわれています。
 後に、この軍配を調べたところ三太刀だと思われた謙信の太刀痕は7ヶ所もあったことがわかり、この一騎打ちの跡を「三太刀七太刀」(みたちななたち)の跡と言われるようになりました。
 武田軍の原大隅がそばにあった信玄の槍を馬上の上杉謙信めがけて付き出し、はずれ槍が馬に当たり、馬は驚いて跳ねたので上杉謙信は本懐を遂げられず、武田信玄は九死に一生を得ることできたということです。


信州長野トップページへ 旅と歴史トップページへ


直線上に配置

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO