あなたは 番目の訪問者です。(ogino作成共通カウント)
直線上に配置
信州長野の旅と歴史
信州の旅        長野市松代町

旧横田家住宅
きゅうよこたけじゅうたく
長野県長野市松代町松代1434ー1
Tel 026-278-2274


 横田家は真田家家臣として幕末まで150石の禄を受けていました。泉水を配した庭園、塀で仕切られた庭、土間が狭く、座敷きが整っている点など松代に残る中級武士の住宅の特徴をよく表わしています。国の重要文化財に指定されています。 
 主屋は寛政6年(1794)に建てられています。桁行17.2m、梁間9.5m、寄棟造りです。表門は天保13年(1842)に建てられています。桁行16.4m、梁間3.7m、切妻造り、桟瓦葺きです。他に隠居屋や、土蔵が建ち並んでいます。
 この家で育った横田秀雄は大審院長になりました。その子正俊は最高裁判所長官、秀雄の弟謙次郎は鉄道大臣、姉の和田英は「富岡日記」の著者で優秀な家系です。


信州長野トップページへ 旅と歴史トップページへ


直線上に配置

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO