あなたは 番目の訪問者です。(ogino作成共通カウント)
直線上に配置
信州長野の旅と歴史
信州の旅        長野市松代町

真田邸
さなだてい
長野県長野市松代町松代1
Tel 026-278-2801 真田宝物館


 真田邸は9代藩主真田幸教によって文久2年(1862)に建築され新御殿と呼ばれていました。参勤交代の廃止で、幸教の正室と義母のお貞の方が江戸から松代に帰ることとなり急遽、お貞の方の隠居所として建てられたものです。
 松代城跡のうち唯一残った建物で、国指定の史跡です。。明治元年(1868)からは真田家の居宅となっていましたが、昭和41年(1966)に真田家から譲渡されました。敷地の広さは6889平方mあります。
 新御殿の規模はなかなか広く大小53の部屋があり坪数は約408坪で創建時から改修されていますが当時のままだといわれています。旧大名の屋敷の面影を今に残している貴重な遺産です。
 「水心秋月亭」と名付けた庭園は小堀遠州の流れをくんでいるといわれています。春はしだれ桜が咲き乱れます。


信州長野トップページへ 旅と歴史トップページへ


直線上に配置

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO