あなたは 番目の訪問者です。(ogino作成共通カウント)
直線上に配置
信州長野の旅と歴史
信州の旅        長野市鬼無里

白髯神社
しらひげじんじゃ
長野県長野市鬼無里日影
Tel 026-224-5042 長野市役所観光課


 白髯神社は白鳳年間(645-710)、天武天皇がこの地へ遷都の計画し、その鬼門鎮護の守護神として三野王と小錦采女臣筑羅らが猿田彦命を勧請したのが創立といわれています。
 白髯神社は、白髯大明神とも呼ばれ、旧日影村の鎮守として祀られていました。安和2年(969)には鬼女紅葉退治の勅命を受けた平維茂が白髯神社を訪れ戦勝祈願をしています。治承4年(1180)には木曽義仲が戦勝祈願をした後、京都に上り平家を打ち破ったと伝えられています。
 石造の鳥居をくぐって長い石段を上りきったところに白髯神社の拝殿が建てられています。入母屋造りの拝殿の後ろにコンクリートの覆屋が設けられ、本殿はその内部に納められています。
 白髯神社本殿は、室町時代に建てられたこけら葺き、流造りの一間社です。建立当時から覆屋の中に建てられていて、彩色も非常によく残っているそうです。木鼻や虹梁、懸魚などに当時の神社本殿建築の特徴が見られ、国の重要文化財に指定されています。
白髯神社本殿


信州長野トップページへ 旅と歴史トップページへ


直線上に配置

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO