あなたは 番目の訪問者です。(ogino作成共通カウント)
直線上に配置
信州長野の旅と歴史
信州の旅        諏訪市

霧ヶ峰高原
きりがみねこうげん
長野県諏訪市四賀霧ヶ峰
Tel 0266-53-6456 霧ヶ峰自然保護センター


 霧ヶ峰高原は諏訪湖の北東にあり、車山を主峰とする溶岩台地です。八島ヶ原、踊場、車山の3つの高層湿原があり、霧ヶ峰湿原植物群落は国の天然記念物に指定されています。
 この高原は車山の噴火によって噴出した熔岩が広がって固まりできたもので、ニッコウキスゲやレンゲツツジ、マツムシソウなどの花が季節を追って見ることが出来ます。
 標高は1600mから1900mのところにあり、年間平均気温は 5.8℃で北海道と同じような気温です。そのため夏の7、8月は多くの花々が一斉に咲き乱れます。
 霧ヶ峰高原は1925mの主峰車山から1798mの鷲ヶ峰まで標高1500mから1900m、東西10kmに広がる壮大な高原です。
 右端の高い山が3063mの木曽御嶽山です。中央付近の高い山は2956mの木曽駒ヶ岳です。
 右側の白い山は3033mの仙丈ヶ岳、中央付近の白い頂は3192mの北岳と2966mの甲斐駒ヶ岳です。この左側にうっすらと3776mの富士山も見えていました。
 北アルプスの山々です。中心の白い頂が3180mの槍ヶ岳です。右が2857mの常念岳、左側の白い峯は3190mの穂高岳です。


信州長野トップページへ 旅と歴史トップページへ


直線上に配置

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO