あなたは 番目の訪問者です。(ogino作成共通カウント)
直線上に配置
信州長野の旅と歴史
信州の旅        諏訪市

諏訪大社上社本宮
すわたいしゃかみしゃほんぐう
長野県諏訪市大字中洲神宮寺1
Tel 0266-52-1919


 諏訪大社は、男神の建御名方富命(タケミナカタノミコト)とその妻の八坂刀売命を祀り、下社と上社とに分かれています。そして上社は建御名方富命を、下社は女神の八坂刀売命(ヤサカトメノミコト)を主祭神としています。
 建御名方神は大国主命の第二子で古事記の大国主神の国譲りで、建御雷と力競べをした国神です。諏訪大社を本祠とする諏訪神社は全国に一万社あるそうです。鎌倉時代以降、軍神として、あるいは農耕神として信仰されたためだと思われます。
 主に上社が狩猟神的で・下社が農耕神的だといわれております。江戸時代には、社嶺千五百石が与えられていました。諏訪大社は 上社と下社を合わせて一社を形作っているのです。
 天孫降臨に際し天神の勅を奉じて国土を奉り、科野国の州羽(すわ)に退き、妃神八坂刀売神並びに御子神と共にこの地の農耕・機織をすすめられました。上社本宮の社殿は江戸時代後期に建てられたもので、国の重要文化財に指定されています。
 諏訪大社では、天下の奇祭と呼ばれている「御柱祭」があります。この勇壮な木落とし川越しの難事を経て、独特の木遣唄(きやりうた)を歌いながら奉仕されるのです。伐採から洩建(ひきたて)まですべて昔は人力でした。
  御柱祭は、桓武天皇の御代から始まったと言われています。もちろん洩建は上社の山出しが四月の最初の寅・申の日の里洩(さとびき)は五月初めの寅・申の日の同じく前後二〜三日間で、下社は、上社の一週間遅れで行われるのです。


信州長野トップページへ 旅と歴史トップページへ


直線上に配置

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO