あなたは 番目の訪問者です。(ogino作成共通カウント)
直線上に配置
信州長野の旅と歴史
信州の旅        東御市

海野宿
うんのじゅく
長野県東御市本海野
Tel 0268-64-1000 海野宿歴史民俗資料館


 海野宿は北国街道の宿場町です。佐渡の金の江戸までの輸送、善光寺までの参拝客や、北陸諸大名の参勤交代などで賑わいました。江戸時代の家並みをそのままに残し、国の重要伝統的建造物群保護地区に指定されています。
 「うだつ」、「海野格子」などの伝統的な建造物の美しい家並みは、古き良き宿場町の風情を今に伝えています。今も往時のままの姿を残し、街道中央には小川が流れています。江戸時代の建物がそのまま使われている資料館もあります。
 江戸時代は95棟の家々が並んでいました。現在はそのうち55戸がほぼ原形のまま残っています。表構えの格子が目につきます。2階の出格子は江戸時代のものです。また、2階が張り出した出桁造りやうだつも見えます。
 旅人の往来が激しかったため田中宿に隣接しています。東信濃第一の豪族「海野氏」の城下町でもあり、依田窪方面や松代からの道、祢津からの道が集結する交通の要衝でもありました。海野宿は日本の道百選に選ばれています。

 海野宿の一角に媒(なかだち)地蔵が祀られています。良縁に恵まれなかった加賀の国のお姫様が参勤交代の時に縁結びの地蔵が海野にあると聞いてお参りしたところ立派な男性と結婚することが出来たという由来があります。
媒地蔵


信州長野トップページへ 旅と歴史トップページへ


直線上に配置

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO