あなたは 番目の訪問者です。(ogino作成共通カウント)
直線上に配置
信州長野の旅と歴史
信州の旅        下高井郡山ノ内町

佐野神社
さのじんじゃ
長野県下高井郡山ノ内町佐野
Tel 0269-33-2138 山ノ内町観光連盟


 佐野神社は明治41年(1908)にこの地にあった飯綱神社に、上諏訪社、下諏訪社、笠嶽社を合祀した神社です。本殿は旧下諏訪社の本殿を移築したものだそうです。
 佐野神社の拝殿は切妻屋根の平面に同じく切妻の庇を設けた造りです。拝殿の後ろに防災設備を整えた鉄筋コンクリートの覆屋があり、本殿はその中に納められていて、上杉景勝の家臣でこの地の領主であった小島内膳亮昌吉によって建立されたそうです。
 格子窓のような内部を垣間見る隙間もないので本殿を見ることは出来ませんでした。写真では彩色された小さな宮殿のようです。天正20年(1592)に大工・宮下杢正によって造られており、昭和30年(1955)、国の重要文化財に指定されています。
 本殿は正面の栃葺き屋根を庇部分まで葺きおろし身舎正面を一間にとった一間社流造りの形式です。化粧材を弁柄、丹、墨で塗り、壁には丸窓風の枠の中に松竹梅を描くなど装飾が施されされ、桃山時代以後の装飾化に進む過程を示す貴重な建築物です。


信州長野トップページへ 旅と歴史トップページへ


直線上に配置

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO