あなたは 番目の訪問者です。(ogino作成共通カウント)
直線上に配置
新潟の旅と歴史
新潟の旅    長岡市

河井継之助記念館
かわいつぎのすけきねんかん
新潟県長岡市長町1丁目甲1675−1
Tel 0258-30-1525


 河井継之助記念館は平成18年に長岡市制100周年・合併記念事業の一環として長町にある河井継之助生家跡にオープンしました。
  河井継之助は司馬遼太郎の小説「峠」の主人公にもなった幕末の長岡藩家老で長岡藩の藩政改革に尽力した人物です。
 戊辰戦争では中立を唱え、長岡への侵攻の中止と会津藩の赦免を求めて新政府軍の軍監・岩村精一郎と小千谷の慈眼寺で会談しました。しかし岩村は河井の嘆願を一蹴、談判は決裂しました。長岡藩は奥羽越列藩同盟として新政府軍と対峙し、戦いました。
 最初は互角に戦いましたが、結果的には新政府軍の物量の前に屈しました。河井は被弾負傷し、会津への逃走中に破傷風のため病死しました。
 このように河井継之助は幕末の長岡藩政を担いました。河井継之助記念館では彼のゆかりの品々などを展示しています。窓からは、継之助が暮らした当時の面影が残る庭を眺めることもできます。


 新潟県トップページへ 旅と歴史トップページへ


直線上に配置

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO