あなたは 番目の訪問者です。(ogino作成共通カウント)
直線上に配置
新潟の旅と歴史
新潟の旅    小千谷市

小千谷市錦鯉の里
おぢやしにしきごいのさと
新潟県小千谷市城内1ー8ー22
Tel 0258-83-223


 錦鯉が初めて出現したのは、19世紀前半の江戸時代だったそうです。新潟県の二十村郷(現在の小千谷市・長岡市の一部)で、食用として飼われていた鯉に突然変異で色のついた鯉が誕生したのだそうです。
 錦鯉は、独特な色調を持つ流麗な体形から、別名「泳ぐ宝石」とも呼ばれています。小千谷には、この泳ぐ宝石の美しい姿をいつでも間近に鑑賞できる「錦鯉の里」があります。
 ここは大小の滝や、橋などを配置した池の中に錦鯉が泳いでいる公園と、錦鯉の歴史や品種・飼育方法など錦鯉に関する各種資料の展示ホール、そして特に逸品を集めた鑑賞池のある会館で構成されています。


 新潟県トップページへ 旅と歴史トップページへ


直線上に配置

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO