あなたは 番目の訪問者です。(ogino作成共通カウント)
直線上に配置
新潟の旅と歴史
新潟の旅    上越市

林泉寺
りんせんじ
新潟県上越市中門前1−1−1
Tel 025-524-5846


 林泉寺は、今から約500年前の明応5年(1496)、越後国高田(現・上越市)に建立された曹洞宗の寺です。
 長尾景虎(上杉謙信)の祖父長尾能景が、亡父重景の菩提を弔うため建立したもので、寺名は重景の法名林泉寺院殿からとったものです。


 景虎が7歳の折、当寺に預けられ天室光育(7世)の指導を受け仏道に励みました。
 さらに、景虎は長じて8世益翁宗謙の下に参禅し、禅の「達磨不識(だるまふしき)」の境地を悟り、不識庵謙信(ふしきあんけんしん)を号するようになりました。
上杉謙信の墓

 景虎は川中島合戦のあつた永禄4年(1561)に関東管領上杉家を相続、林泉寺は上杉家の菩提寺にもなりました。
榊原政岑(まさみね)の墓
 山号の春日山は、上杉家(藤原氏)の氏神である春日明神を勧請したことによります。
松平綱賢の墓


 新潟県トップページへ 旅と歴史トップページへ


直線上に配置

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO