あなたは 番目の訪問者です。(ogino作成共通カウント)
直線上に配置
静岡の旅と歴史
静岡の旅       賀茂郡東伊豆町

熱川温泉
あたがわおんせん
静岡県賀茂郡東伊豆町熱川温泉
Tel 0557-23-1505 熱川温泉観光協会


 「銭の花の色は清らかに白い。だが蕾は血がにじんだように赤く、その香りは汗の匂いがする」・・・・細うで繁盛記のはじまりに加代役の新珠三千代が話すナレーションが思い出されます。
 細うで繁盛記は花登筺の「銭の花」が原作です。テレビドラマ化され、昭和40年(1970)から放映され人気を集めました。主人公の加代が熱川温泉の老舗旅館「山水館」の元に嫁ぎ、旅館を盛り立てていく物語です。
 熱川温泉は海からの急斜面に近代的な旅館が立ち並ぶ、東伊豆温泉郷一の温泉です。豊富な湯量を誇り、街のあちこちで自噴泉が湯煙をあげています。
 島見の湯の源泉である島見源泉は、地下200mより105度温泉が毎分400リットル噴出しています。細うで繁盛記では加代が宿泊客に「源泉茹で玉子」を出して評判になったところです。
島見源泉
 熱川の中心部に弁天偕楽源泉があります。現在、熱川にある10本の噴泉塔の1つです。もうもうと湯気が上がっています。泉質はナトリウム、塩化物・硫酸塩温泉です。黄色に変色した湯の成分が露出しています。
弁天偕楽源泉
 弁天偕楽源泉の隣には「お湯かけ弁財天(べんざいてん)」 が、にごり川沿いにあります。琵琶を手にした弁財天の像が立っています。この弁財天にお湯をかけながら願い事をすると夢が叶うそうです。お金を洗うとお金が増えるという宝池もあります。
お湯かけ弁財天
 この土地の先代の所有者は大坂商船の船長として世界の海をかけ巡っていたそうです。ある日、船長の夢枕に弁財天が現れ、「熱川のこの地を掘れ、そこには豊富な熱泉が噴出するであろう」とお告げがありました。その際「温泉の傍らに我が像を立て、その温泉をかけ願をかければ土地は繁栄し諸願が叶うであろう」と申されたそうです。
お湯かけ弁財天
 船長はそのお告げ通り土地を掘ったら、地下200mより100℃の熱泉が噴出したそうです。しかし尊像建立する前に他界したため、有志が像を建立してお告げに応えたそうです。
お湯かけ弁財天


静岡県トップページへ  旅と歴史トップページへ


直線上に配置

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO