あなたは 番目の訪問者です。(ogino作成共通カウント)
直線上に配置
兵庫の旅と歴史
兵庫の旅    養父市

名草神社
なぐさじんじゃ
兵庫県養父市(やぶし)八鹿町石原1755
Tel 079-662-2793


 名草神社は、八鹿町の西端、妙見山(標高1139m)の山腹の標高800m付近に建てられています。敏達天皇の時代に紀伊国名草郡出身の養父郡司・高野直夫幡彦(たかののあたいふばたひこ)が当時流行していた悪病退散を祈願して、故郷の租神・名草彦神などを祀ったのが始まりです。
 名草神社は延喜神名式にも名を連ねる古社で、中世以後、神仏習合して妙見社と称し、但馬地方における妙見信仰の拠点として栄えました。但馬妙見と呼ばれ、妙見信仰の霊地として日本三大妙見の一つに数えられました。
 妙見というのは、北極星(北辰)や北斗七星(北斗)を神仏として祀っている宗教です。武家の守護神として、多くの武士の信仰を集め、守護山名氏の庇護を受けました。東麓には別当日光院をおいていました。しかし、天正5年(1577)の豊臣秀吉の中国攻めの兵火で衰退しました。
 徳川時代になり、3代将軍家光からは朱印30石が安堵されました。寛永9年(1632)、それまで山麓にあった日光院を現在社殿が建てられている奥の院に移しました。出石藩主の仙石氏や村岡藩主の山名氏の祈願所となり、摂家一條家よりも庇護されました。
 明治の神仏分離で、名草神社と改名され、日光院は山麓の支院であった成就院の地に移されました。明治6年(1873)、村社になり、大正11年(1922)、県社に列しています。名草神社の神域は約1万平方mで、杉の老樹に覆われています。出雲大社から譲り受けた三重塔や、本殿、拝殿が国の重要文化財に指定されています。


名草神社三重塔(国重文)
 名草神社の三重塔は、寛文5年(1665)、出雲大社の大改修にあたり妙見杉を提供したお礼に出雲大社にあった三重塔を贈られたものです。室町時代の大永7年(1527)に出雲国主であった尼子経久(つねひさ)の願いにより杵築大社(出雲大社)に建立された塔婆で「杵築の塔」とも呼ばれています。こけら葺きの三間三層の塔婆で、高さは24.1mあります。一重の一辺の柱間は4.7mで、各重に高闌付きの縁があります。心柱は二重から塔の先端まで伸びています。
名草神社三重塔
 彫刻では一重の軒隅で力士が屋根を支えています。蟇股には凡字のほかに蓮、牡丹、琵琶、雲などの透かし彫りがあります。また三重の軒隅には「見ざる・言わざる・聞 かざる・思わざる」を表した四猿の彫刻があります。三重塔は明治37年(1904)に国の重要文化財に指定されています。
名草神社三重塔

名草神社本殿(国重文)
 名草神社の本殿は妙見社ともいわれ、名草彦命、天御中主神など7神を祀り、宝暦4年(1754)に建てられています。間口9間(17.6m)、奥行5間(9.0m)、一重、入母屋造り、こけら葺きで、3間の向拝を持ち、千鳥破風、軒唐破風を付けています。内部は内々陣、内陣、外陣に分かれ、その周囲に庇をめぐらせる神仏習合独特の神社建築です。
名草神社本殿
 彫刻は精巧で、向拝の両側の柱には口をおさえた獅子と耳をおさえた獅子、その上の軒下には力童子など、多数の彫刻が施されています。名草神社本殿は平成22年(2010)に国の重要文化財に指定されています。
名草神社本殿

名草神社拝殿(国重文)
 名草神社の拝殿は元禄2年(1689)に建てられ、本殿と相対しています。間口5間(11.7m)、奥行2間(5.2m)、懸造り、一重、入母屋造り、こけら葺きです。江戸時代中期の代表的な割拝殿形式の希少な建物です。この形式の社殿は他には奈良県天理市にある石上神宮摂社出雲建雄神社拝殿(国宝)と、京都市にある由岐神社拝殿(国重要文化財)ぐらいしかないそうです。
名草神社拝殿
 拝殿の柱は円柱で、組物は出組で軒支輪をつけています。中央間馬道の上部には、大虹梁をかけ、中備(なかぞなえ)に蟇股(かえるまた)を置いています。組物、木鼻などは古調で見るべきものがあり、保存も良好です。拝殿は平成22年(2010)に本殿とともに国の重要文化財に指定されています。
名草神社拝殿

妙見の大杉
 名草神社境内には妙見杉の巨木が繁っています。三重塔の脇に、樹齢千5百年といわれた「妙見の大杉」があったのですが平成3年(1991)の台風で倒れてしまったそうです。その大杉は地上7.2mのところで幹が2つに分かれていたことから夫婦杉と呼ばれ、親しまれてきたそうです。この根株が現在も保存されています。
妙見の大杉


兵庫の旅と歴史へ  旅と歴史トップページへ 

直線上に配置

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO