あなたは 番目の訪問者です。(ogino作成共通カウント)
直線上に配置
京都の旅と歴史
京都の旅    宮津市

元伊勢籠神社
もといせこのじんじゃ
京都府宮津市大垣
Tel 0772-27-0006


 籠神社(このじんじゃ)は、大化改新以後に与佐宮を籠宮と改め、奈良時代の養老3年(719)に現在の地に社殿を移し、元の地を奥宮真名井神社としたそうです。10世紀頃丹後一の宮に定められたようです。丹後第一の大社です。
 籠神社の歴史は神代の時代までさかのぼるそうです。ここは伊勢神宮の元になったとされています。伊勢神宮はここから伊勢へ移されたので、籠神社は元伊勢ともよばれているのです。
 神殿前の石段の脇にある狛犬は、鎌倉時代のもので、石の狛犬では日本一とされ重要文化財です。作者の一心で魂の入った狛犬が、元伊勢詣りの参拝者などを驚かせたそうです。
 親の仇討ちで潜んでいた岩見重太郎がこのことを聞き鎮霊を決意して待ち構えていたそうです。音の方向に剛刀を一撃すると石の狛犬の前足が切れて出現が止んだいう伝説が残っています。
 ここには日本最古の伝世鏡「息津鏡」「邊津鏡」が 海部宮司家に伝えられています。国宝以上に重要な神宝だそうです。国宝系図に天祖からこれらの鏡を授かったと書かれていて、その素性の正しさを表しているそうです。
 神明造の本殿の高欄上に「五色の座玉」という飾りがあります。五行を示す、青(緑)・黄・赤・白・黒の五色の座玉です。伊勢神宮御正殿と、この籠神社のみに許されているものだということです。
 本殿と摂社真名井神社本殿は天保3年(1832)に建造されたものです。神明造りの拝殿、幣殿、神撰所などは昭和3(1928)から3年かけて建造されたそうです。
 倭宿禰命です。今の海部(あまべ)宮司家4代目の祖だそうです。永く宮司をつとめる彦火明命を始祖とする海部氏の系図は国宝に指定さており、この付近一帯の海民の首長であったと考えられます。
 水琴窟です。平成16年(2004)台風23号のため聞くことができませんでした。
 籠神社の例祭は4月24日の葵祭で、丹後の大祭の一つに数えられています。



京都市内のページへ

京都府トップページへ  旅と歴史トップページへ


直線上に配置

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO