あなたは 番目の訪問者です。(ogino作成共通カウント)
直線上に配置
京都の旅と歴史
京都の旅    南丹市

九品寺
くほんじ
京都府南丹市園部町船阪47−1
Tel 0771-62-3704


 鴫尾山九品寺は真言宗御室派のお寺です。寺伝によると弘仁元年(810)に弘法大師(空海)によって創建されたと伝えられています。その後、白河天皇の勅願により皇子の覚行法親王を入寺させ、七堂伽藍を建立し中興し、門跡寺院となったそうです。
 室町時代以降は寺領没収や火災などで荒廃しました。元和9年(1623)に園部藩主の小出吉次の援助によって修造、再建されました。明治の神仏分離で九品寺は荒廃し、山の方に本堂はありますが、大門と呼ばれる仁王門のみが残されています。
 大門は鎌倉後期の建築で、本尊の千手観音立像とともに国の重要文化財に指定されています。しかし本尊は京都の正法寺本堂に安置されています。寺宝であった木造不動明王立像と木造十一面観音立像はニューヨークのメトロポリタン美術館が所蔵しています。


九品寺大門(国重文)
 九品寺の大門は三間一戸、入母屋造り、檜皮(ひわだ)葺きの楼門です。鎌倉時代後期の建立で、鎌倉時代の特色をよく示しています。明治37年(1904)に国の重要文化財に指定されています。
九品寺大門



京都市内のページへ

京都府トップページへ  旅と歴史トップページへ


直線上に配置

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO