あなたは 番目の訪問者です。(ogino作成共通カウント)
直線上に配置
京都の旅と歴史
京都の旅    南丹市

るり渓
るりけい
京都府南丹市園部町大河内


 るり渓は、大堰川の支流である園部川が侵食してできた長さ4kmの渓谷です。上流部は花崗岩、下流部は石英粗面岩からなっています。浸蝕による奇岩が多く見られ、瀑布が点在しています。水晶簾、錦繍巌、双龍渕、玉走盤、渇蚪澗、座禅石などの名所があります。
 渓谷上部にある通天湖は周囲3kmの人造湖です。そこから流れ出る清流が、光の反射によって瑠璃色の輝石のように見えることから「るり渓」と名づけられたようです。
 るり渓は昭和7年(1932)に琉璃溪で国の名勝に指定されました。日本の音風景100選にも選定され、京都府立自然公園にも指定されています。ここには特別天然記念物のオオサンショウウオも生息しています。



京都市内のページへ

京都府トップページへ  旅と歴史トップページへ


直線上に配置

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO