あなたは 番目の訪問者です。(ogino作成共通カウント)
直線上に配置
京都の旅と歴史
京都の旅    八幡市

伊佐家住宅
いさけじゅうたく
京都府八幡市上津屋浜垣内65
Tel 075-983-0129(四季彩館)


 伊佐家住宅は江戸中期の南山城地方における代表的な庄屋屋敷で棟札などから享保19年(1734)に建てられたことが判明しています。主屋が昭和50年(1975)に国の重要文化財に指定され、長蔵、内蔵、東蔵、乾蔵、普請文書、古図、宅地などが昭和55年(1980)に追加指定されています。
 伊佐家は江戸幕府の直轄地である天領、浜の庄屋を代々勤めたという家柄です。敷地は約2千600平方mと広く、周囲に石垣が築かれ、壕の跡まで残っています。屋敷の裏側は竹薮で囲み、竹薮と屋敷とを区切る堀をめぐらせています。


伊佐家住宅主屋(国重文)
 伊佐家住宅の主屋は間口11間半(23.8m)、奥行5間半(11.3m)、単層一部2階、入母屋造り、茅葺き(一部桟瓦葺き)の建物で、享保19年(1734)の建立です。厚く低い軒先をもった正面は豪壮な構えです。支える柱や梁はどっしりと太く、庄屋の屋敷らしいたたずまいです。昭和50年(1975)に国の重要文化財に指定されました。
伊佐家住宅主屋



京都市内のページへ

京都府トップページへ  旅と歴史トップページへ


直線上に配置

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO