あなたは 番目の訪問者です。(ogino作成共通カウント)
直線上に配置
奈良の旅と歴史
三重の旅    亀山市

亀山城
かめやまじょう
三重県亀山市本丸町


 亀山は東海道鈴鹿峠を押さえる交通の要でした。文永元年()関実忠が亀山城を築城しました。天正18年(1590)蒲生氏郷が会津転封になり、関一政は蒲生氏が治めていた白河へ5万石の大名として移封しました。亀山城には岡本宗憲が2万2千石で入り東南の丘陵に新しい亀山城を築いたのでした。
亀山城多門櫓
 三宅康盛の代のとき、幕府は堀尾忠晴に亀山城修築を命じました。寛永9年(1633)、忠晴が天守を解体後、修築するのは明智光秀の居城だった丹波の亀山城だったと判明しました。
 それ以後、天守閣の再建は許されず、天守台には多門櫓が建ったということです。この櫓が三重県唯一の城郭建築となっています。延享元年(1744)に石川総慶が備中松山より6万石で入封して以後、石川氏が11代続いて城主となり明治を迎えたそうです。
亀山公園


三重県トップページへ 旅と歴史トップページへ


直線上に配置

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO