あなたは 番目の訪問者です。(ogino作成共通カウント)
直線上に配置
奈良の旅と歴史
三重の旅    多気郡多気町

近津長谷城跡
ちかつはせじょうせき
三重県多気郡多気町長谷


 近津長谷城とよばれる中世の城郭跡が近長谷寺のある長谷の城山の山頂にあります。眼下にはJR紀勢線、国道42号線がある平谷方向です。左手には田丸城があったそうです。
 中世城郭(ちゅうせいじょうかく)と呼ばれるもので、石垣や天守を持たず切り盛りした土塁などが残されているだけのものです。
 外宮の神官の書いた「目安案」という文書の中に「伊勢近津長谷城」とその城主「外宮神官度会家行」の名が記してあるそうです。
 貞和三年(1347)に南朝方の楠木正行(くすのきまさつら)の挙兵に呼応しここに城を構えたことが書かれているそうです。


三重県トップページへ 旅と歴史トップページへ


直線上に配置

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO