あなたは 番目の訪問者です。(ogino作成共通カウント)
直線上に配置
奈良の旅と歴史
三重の旅    津市

三重海軍航空隊跡
みえかいぐんこうくうたいあと
三重県津市香良洲町浜浦


 三重海軍航空隊の正門があります。土浦海軍航空隊と並んで予科練で有名な三重海軍航空隊は昭和17年(1942)8月に設置されたそうです。
 海軍飛行予科練習生は太平洋戦争時の海軍飛行兵養成制度の一つで志願制だったそうです。通常「予科練」と略称で呼ばれていました。
 飛行場で身体訓練やモールス信号、手旗信号演習などを習得しました。当初は約2年程であった履修期間は戦争が激しくなると短くなっていったそうです。
 若桜会館の「予科練」の碑があります。若桜会館は海軍三重海軍航空隊関係者が募金で作ったものでしたが関係者の高齢化にともない香良洲町に移管され香良洲町歴史資料館に生まれ変わっています。
 予科練生の制服には前に7個のボタンが付いており、「7つボタン」といえば予科練を表す畏敬の言葉でした。多くの優秀な若い命が、祖国のために犧牲になりました。


三重県トップページへ 旅と歴史トップページへ


直線上に配置

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO