あなたは 番目の訪問者です。(ogino作成共通カウント)
直線上に配置
奈良の旅と歴史
奈良の旅    高市郡明日香村

石舞台古墳
いしぶたいこふん
奈良県高市郡明日香村島庄


 巨石を積み上げた石舞台古墳は飛鳥のシンボルになっています。6世紀の築造で、この地が蘇我馬子の庭園があったことから、馬子の墓であるという説が有力です。
 盛土を除かれた日本最大級の横穴式石室は玄室の長さ7.5m、幅3.4m、高さ7.7mです。石舞台という名前は、昔狐が女性に化けて石の上で踊って見せた話や、この地にやって来た旅芸人が舞台がなかったので仕方なくこの大石を舞台に演じたという話で名付けられたようです。


 奈良県の旅と歴史へ   旅と歴史トップページへ 


直線上に配置

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO