あなたは 番目の訪問者です。(ogino作成共通カウント)
直線上に配置
奈良の旅と歴史
奈良の旅    橿原市

藤原宮跡
ふじわらきゅうあと
奈良県橿原市高殿町


 藤原宮跡は694年に持統天皇が飛鳥から遷都され、和銅3年(710)に平城京に遷都されるまでの3代16年、藤原京の首都として機能していた都の跡です。
 藤原京は唐の長安を模した日本で初めての本格的な都市です。その中心の藤原宮には天皇の住まいである内裏や儀式などを行なう対極殿、役所にあたる官衙などが置かれていました。
 藤原宮は東西2.17km、南北3.27kmの規模であったようです。宮跡からは木簡、桶、板人形、土器などが多数出土しています。国の特別史跡に指定されています。


 奈良県の旅と歴史へ   旅と歴史トップページへ 


直線上に配置

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO