あなたは 番目の訪問者です。(ogino作成共通カウント)
直線上に配置
奈良の旅と歴史
奈良の旅    橿原市

綏靖天皇 桃花鳥田丘上陵
すいぜいてんのう  つきだのおかのえのみささぎ
奈良県橿原市四条町


 綏靖天皇(すいぜいてんのう)は、日本の第2代の天皇といわれています。神武天皇の末子で名は神沼河耳命(かむぬなかわみみのみこと)とも神渟名川耳尊(かむぬなかわみみのみこと)ともいわれています。
 母は古事記では三輪山の神大物主の娘、日本書紀では事代主神の娘と書かれています。神武天皇が崩御された後、母は異母兄の手研耳命(たぎしみみのみこと)と再婚しました。
 手研耳命は天皇になろうと弟たちを殺そうと企て、綏靖は他の兄と共に逆にこれを討ちました。この時、兄は手足が震え手研耳命を殺すことができず、綏靖が一矢で仕留めたそうです。その功により弟でしたが天皇になったとのことです。


 奈良県の旅と歴史へ   旅と歴史トップページへ 


直線上に配置

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO