あなたは 番目の訪問者です。(ogino作成共通カウント)
直線上に配置
奈良の旅と歴史
奈良の旅    奈良市

猿沢池
さるさわいけ
奈良県奈良市登大路町猿沢49


 猿沢池は興福寺南大門の前にある池で奈良八景の1つに数え上げられています。天平21年(749)頃に印度の仏跡「瀰猴(びこう)池」に模して造られた興福寺の放生池です。周囲約360mの小さな池で、年一回、経を唱えて魚を放つ「放生会」が開かれます。
 猿沢池は、昔から「澄まず濁らず、出ず入らず、蛙はわかず藻は生えず、魚が七部に水三部」と伝えられています。龍神伝説もあり、芥川龍之介の短編小説「竜」の舞台にもなっています。


 奈良県の旅と歴史へ   旅と歴史トップページへ 


直線上に配置

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO