あなたは 番目の訪問者です。(ogino作成共通カウント)
直線上に配置
奈良の旅と歴史
奈良の旅    奈良市

東大寺・転害門
とうだいじ・てがいもん
奈良県奈良市奈良市手貝町51
Tel 0742-22-5511


 国宝の転害門(てがいもん)は境内西北、正倉院の西側にある八脚門です。天平時代の東大寺の伽藍建築を想像できる貴重な門です。
 3間一戸、切妻造、本瓦葺きで「佐保路(さほろ)門」「碾磑(てんがい)門」「景清門」とも呼ばれました。東大寺の鎮守である手向山八幡宮の転害会はここをお旅所としました。門中央に御輿を置く石が4つ埋め込まれています。
 謡曲の「大仏供養」の舞台でもあります。平家の悪七兵衛景清が、源頼朝が東大寺の大仏供養に参列することを聞き、頼朝を襲撃する為、白張浄衣でここに隠れて待っていたそうです。頼朝の家臣に見破られ、相手を切って立ち去ったそうです。


 奈良県の旅と歴史へ  旅と歴史トップページへ


直線上に配置

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO