あなたは 番目の訪問者です。(ogino作成共通カウント)
直線上に配置
奈良の旅と歴史
奈良の旅    吉野郡吉野町

村上義光の墓
むらかみよしてるのはか
奈良県吉野郡吉野町吉野山


 村上義光の墓は吉野神宮の南約1km、道の西側に立つ宝篋印塔です。村上彦四郎義光は金倉末期の信濃国埴科(さらしな)の武将で、元弘の乱の時、後醍醐天皇の第一皇子、大塔宮護良(おおとうのみやもりよし)親王に従って北条幕府と戦いました。
 元弘3年(1333)足利軍に攻められて吉野が陥落した時、蔵王堂前の二天門の高櫓で、大塔宮護良親王の鎧兜を借りて宮の身代わりとなって自刃したそうです。首は里人が拾って、この地に葬ったといわれています。


 奈良県の旅と歴史へ   旅と歴史トップページへ 


直線上に配置

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO