あなたは 番目の訪問者です。(ogino作成共通カウント)
直線上に配置
大阪の旅と歴史
大阪の旅       枚方市

交野天神社
かたのてんじんしゃ
(かたのあまつかむやしろ)
大阪府枚方市楠葉丘2−19−1
Tel 072-857-7332


 延暦6年(787)、桓武天皇は長岡京の南郊のこの地に父の光仁天皇を祀ったのが交野天神社の始まりといわれています。その時に郊祀壇(こうしだん)を設けて祀ったそうです。これは中国の皇帝が毎年冬至に、都の南に天壇を設けて、天帝を祀る習わしで、これを踏襲したものといわれています。
 明治5年(1872)、旧樟葉(くずは)村に奉祀してあった天児屋根命(あめのこやねのみこと)と菅原道真とを合祀し、明治21年(1888)に交野天津神から交野天神社としたそうです。境内は継体(けいたい)天皇が即位したといわれる樟葉宮(くずはのみや)の跡といわれています。
 日本書紀によると、武烈天皇の死後、大連伴金村らによって越前の三国(今の福井県)から迎えられた男大迹王(継体天皇)は、507年に樟葉で即位したと記されています。そして5年後、山背国筒城(京田辺市近辺)、12年後に弟国(長岡京市近辺)に移り、20年後に大和国に入ったようです。


交野天神社本殿(国重文)
 交野天神社の本殿は檜皮葺きの一間社流造りの社殿です。鎌倉時代の寡禎4年(1238)、室町時代の応栄8年(1401)に修理されました。全体の外観は、雄大な手法で鎌倉時代の様式を残し、蟇股かえるまた等の彫刻は、繊細で美しいものが多く、室町時代初期の特色を備えています。
交野天神社本殿
 隣りに建つ八幡神社本殿とともに大正6年(1917)に国の重要文化財に指定されています。指定内容では室町時代中期の応永9年(1402)に再建された建物となっています。
交野天神社本殿

交野天神社末社八幡神社本殿(国重文)
 交野天神社の末社である八幡神社本殿は本殿の隣に並んで建てられています。檜皮葺きの一間社流造りの社殿です。本殿と同じ頃の建立とみられ、本殿よりやや小振りでほぼ同じ造りをしています。
末社八幡神社本殿
 向拝や蟇股、欄間の透彫りに見るべきものがあります。室町時代中期の明徳から寛正年間(1393-1466)頃に再建されたと思われます。本殿とともに大正6年(1917)に国の重要文化財に指定されています。
末社八幡神社本殿

樟葉宮跡の杜
 交野天神社境内には原生林が生い茂り、本殿の北東に貴船神社の末社があります。この付近が樟葉宮跡と推察されています。神社の境内一帯は昭和59年(1984)に枚方市から「枚方八景」の一つ「樟葉宮跡の杜」に指定されています。
樟葉宮跡の杜


大阪府トップページへ   旅と歴史トップページへ


直線上に配置

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO