あなたは 番目の訪問者です。(ogino作成共通カウント)
直線上に配置
大阪の旅と歴史
大阪の旅    大阪市

お初天神(露天神社)
おはつてんじん(つゆのてんじんしゃ)
大阪府大阪市北区曽根崎2−5−4
Tel 06-6311-0895


 「お初天神」の名で広く知られる露天神社(つゆのてんじんしゃ)は創建以来千三百年の歴史を持つ古社で、「難波八十島祭」旧跡の一社です。
 祭神は少彦名大神と菅原道真です。一説によると道真が太宰府へ左遷される途中、都を偲んで涙を流したから露天神社という名がついたといわれています。

 元禄16年(1703)堂島新地天満屋の遊女「お初」と内本町平野屋の手代「徳兵衛」がこの神社の「天神の森」で情死した事件がありました。
 近松門左衛門がこの心中事件を題材にして人形浄瑠璃「曽根崎心中」を書きました。

 この作品は当時の人々の間で大評判となり、この神社にも参脂回向の老若男女が大勢押しかけたといわれています。露天神社はヒロインであるお初の名前から「お初天神」と呼ばれるようになったそうです。
 広く民衆の涙を誘うこの作品はその後も繰返し上演されました。今日でも回向とともに、恋の成就を願う多くの人々が訪れているそうです。


大阪府トップページへ   旅と歴史トップページへ


直線上に配置

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO