あなたは 番目の訪問者です。(ogino作成共通カウント)
直線上に配置
大阪の旅と歴史
大阪の旅       豊中市

金禅寺
こんぜんじ(きんぜんじ)
大阪府豊中市本町5−3−64
Tel 06-6849-5005


 大応山金禅寺は黄檗宗のお寺で十一面観音を本尊として祀っています。天平元年(729)に行基によって開かれたと伝えられています。江戸時代前半に黄檗宗の鉄眼道光禅師によって再興されています。鉄眼禅師は一切経の版木を造ったことで知られ、その版木は現在も使われているそうです。


金禅寺三重宝篋印塔(国重文)
 金禅寺の本堂の前に石造三重宝篋印塔があります。基礎の一面に刻銘があり、貞和5年(1349)と刻まれています。塔は花崗岩で造られ、現在失われている相輪(そうりん)の部分も加えると6個の部材からできています。昭和36年(1961)に国の重要文化財に指定されています。
金禅寺三重宝篋印塔

大阪府トップページへ   旅と歴史トップページへ


直線上に配置

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO