あなたは 番目の訪問者です。(ogino作成共通カウント)
直線上に配置
岡山の旅と歴史
岡山の旅       倉敷市

旧大原家住宅
きゅうおおはらけじゅうたく
岡山県倉敷市中央1−2
Tel 086-426-3851 倉敷市文化財保護課


 旧大原家住宅は大橋家住宅とともに、倉敷美観地区を代表する町屋の一つです。大原美術館の前の倉敷川に架かる今橋を渡ったところに位置しています。昭和46年(1971)に国の重要文化財に10棟が指定されています。
 倉敷では、旧来「古禄」と呼ばれる世襲の勢力が栄えていましたが、新田・塩田開発と倉敷川の水運の利を生かして「新禄」という商人の新興勢力が台頭しました。大原家は綿仲買商人として成功を収め、大橋家とともに新禄の筆頭格になったのです。
 大原家は文久年間(1861-1864)村の庄屋をつとめ、明治の中頃には所有する田畑は約800町歩という大地主となっていました。大原家は倉敷紡績や倉敷絹織(現・クラレ)を興し、病院や学校、美術館まで手を広げたのです。         

 現在の建物は寛政7年(1795)に着工し1年がかりで完成したものです。2200平方mの敷地に本瓦葺き、木造2階建、丁字形入母屋造りの大きな主屋が建てられています。間口14.4m、奥行16.8mで、間口13.4m、奥行6.6mの離座敷へ続いています。外壁は白漆喰仕上げで、倉敷窓、倉敷格子が付いています。。
旧大原家住宅主屋
 土蔵2階建、切妻、本瓦葺きの倉、新倉、中倉、北倉、壬子倉(みねぐら)、西倉があり、土蔵平屋建て、切妻、本瓦葺きの内中倉が建ち並んでいます。昭和46年(1971)に国の重要文化財に10棟が指定されています。
旧大原家住宅主屋


岡山県トップページへ 旅と歴史トップページへ


直線上に配置

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO