あなたは 番目の訪問者です。(ogino作成共通カウント)
直線上に配置
岡山の旅と歴史
岡山の旅       総社市

備中国分尼寺跡
びっちゅうこくぶんにじあと
岡山県総社市上林


 天平13年(741)、聖武天皇が仏の力で外敵や災害、疫病などの災いから国を守るため、全国に僧寺や尼寺を建てるように詔を出しました。備中国分尼寺は備中国分寺とともに、この時に建立されました。
 国分尼寺の寺域は、推定で東西約108m、南北216mと確認されています。中心線上に南門、中門、金堂、講堂が配されていたようです。

 備中国分尼寺の金堂跡です。直径約70cmの円形の柱座や地覆座をもつ大形の礎石がほぼ当初の位置に現存しています。法隆寺の金堂に匹敵する規模の金堂がここに建立されていたと推察されています。
備中国分尼寺金堂跡


岡山県トップページへ 旅と歴史トップページへ


直線上に配置

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO